blog

会計の基礎知識 その1 経理事務の全体像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 会計業務の基礎知識

 

1.経理事務の全体像を掴もう

 

個人で事業を始めた方は、今までの経験や技術を生かして得意とするビジネス分野で羽ばたこうとしていることと思います。
自分で開業したら、請求書を発行したり、お金の計算もきちんと自分でしなくてはならない、。
既に活躍している方でも、経理のこととなると後回しとなってしまうことが多いようです。その理由は本業が忙しい、帳簿の処理についてよくわからない、時間がかかる等々です。
今は経理ソフトを使ってパソコンで簡単に処理ができるようになっていますので、だいぶ楽になってきているとは思いますが、よくわからないという気持ちはがやりたくないことになるのかもしれません。経理事務の全体像をつかんでしまえば何をしたらいいかわかりますね。

 

最初に会計帳簿は誰のため(何のため)につけるものかを考えてみましょう。
税金支払いの為、つまり税務署の為とおっしゃる方が多いですよね。でも本当にそうでしょうか?
事業を長く経営していくためにはその事業の売上や支出、利益を把握しなくては本当に事業がうまくいっているのかわかりませんよね。
そのくらい大体頭に入っているよという経営者の方もいらっしゃいますが、そこが違っていたら大変ないことになります。今の状態を数字で把握しておくことは重要です。
会計上簿は事業の状態を正しく知るための道具なのです。だからこそそれ以外にも

・資金繰りがスムーズになる⇒掛売・手形決済が把握できて安心!

・経営改善に役立つ!⇒事業発展への予測が立てられる

・第三者への説明材料⇒融資の際、金融機関への説得材料

・正しい決算書作成⇒正しい状況を知ることにより節税することが出来る!

というようなメリットがあるのですね。つまり会計帳簿作成は自分のためなのです。

 

続いて経理事務の全体像を見てみましょう。
開業したばかりの時は経理事務を行うためにいくつかの準備が必要となってきます。
これについては次回詳しくお話しします。
通常の仕事の大まかな流れとしては日ごと、週ごと、月ごと、年ごとに分けられます。

 

①    毎日の仕事

・現金の動きを記帳

・領収書等の管理

②    週単位の仕事

・預金口座の動きを記帳

・請求書や納品書等の管理と記帳

③    月単位の仕事

・仕入や経費の支払業務

・売掛金の管理

・月の売上・財務状況をまとめる(月次集計)

・資金繰りをチェック

・給与計算

・源泉所得税の納付

④    年単位の仕事

・決算特有の取引記帳

・年間の売上・財務状況をまとめ、決算書作成

・確定申告をする

・翌年の予算策定

 

以上の流れを頭に入れておけば、今何をしたらいいのか、どこの作業をしているのかがわかり経理作業の心の負担を軽くしてくれることになると思います。
経理事務の大半を占めるのは記帳業務です。ここさえきちんとできれば経理業務は怖くありません。次回から個々の業務を少しずつ見ていくことにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る